リハビリテーションの専門家

医療の現場で働く職種としてリハビリテーションの専門家である理学療法士と作業療法士は特に重要です。
理学療法士は病気やけがなどで不自由になった身体の機能を運動を主体とした治療や訓練によって回復させる仕事です。
そして作業療法士はその理学療法士の仕事を受けて、応用的な訓練にて社会に適応できるように、日常の生活がおくれるようにするものです。
どちらも高校卒業後に文部科学大臣や構成労働大臣指定の養成施設である大学や短期大学、専門学校などで3年以上勉強をし、国家試験に合格してなる事ができます。

職場としてはやはりほとんどは病院となっています。
特に総合病院のリハビリテーションセンターやリハビリテーション専門施設などではその中心的役割を担っています。
理学療法士がこわばっている筋肉などを動かして歩いたり、ものを持ったりといった機能を回復させ、作業療法士がそれをさらに進め自宅での生活ができるように細かい日常生活の動作を可能にしたり心理学的にもアプローチしてリハビリを行います。

また最近ではやはり老人福祉施設などの高齢者施設での仕事も増えています。
もちろん通常の機能回復の他にも体を動かして筋力の低下を防いだり、ゲームや手芸などを通して動作をよりスムーズにするだけでなく生きがいなどを感じさせるようにしたりもします。
更には訪問リハビリテーションで在宅者のリハビリテーションを行ったり、身体障害者福祉施設、知的障害福祉施設などにも仕事があります。
作業療法士は他にも精神科病院や精神障害施設などでも遊びなどを取り入れながら情緒を安定させ社会生活に適応できるようにする仕事もあります。

話題の職種関連の情報サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017医者と看護師だけじゃない〜医療の現場で働く職種〜.All rights reserved.