医療事務の業務と資格

以前から通信教育などで、資格を取ると生涯使える医療系の職種として注目されていて、特に女性に人気の仕事の一つに医療事務があります。
最近ではメディカルクラークと呼ばれる事もある医療事務の仕事は実はとてもたくさんの業務や資格があります。
先ずはその中でも代表的な業務内容を説明しましょう。

1、受付業務、クラーク業務です。
病院の顔、窓口でもあるこの業務は、患者さんと最初に応対する仕事でカルテの作成や入力、院内の案内、そして電話応対なども行います。
2、会計業務、こちらは今度は診察などの終わった患者さんの会計を行ったり、処方箋の確認なども行います。
3、レセプト業務、これは少し聞きなれない言葉かもしれませんね。
レセプトとは病院などでは私たちは診療にかかった全額を払うのではなく2割とか3割しか支払いません。
その残りの7割ないし8割を保険者に請求する手続きをレセプトといいます。
医療事務として一番大切な独特の業務であると言えるのかもしれません。
4、病棟クラーク業務、こちらは入院設備のある病院でカルテの準備から入院費の清算など、入院から退院まで患者さんの対応をします。
5、医療秘書業務、一般的な秘書業務に加えて診療報酬などの知識も必要となります。

大きな病院などではこれらが専門的に分かれている場合もありますが、クリニックなどでは一人がこれら全ての仕事をこなす事もあります。
実は医療事務と呼ばれる職種には30種類以上の資格があります。
中でも医療事務技能審査試験や医療事務管理士技能認定試験などが代表的で人気の資格となっています。
医療事務の就職では正社員、パート派遣などといったさまざまな形態があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017医者と看護師だけじゃない〜医療の現場で働く職種〜.All rights reserved.