医師の就職・転職先と医師不足

医療の現場では、実に多くの職種の人々が働いているものです。
今回はそうした医療現場、つまり病院や介護施設などで働くさまざまな職種の人々の転職や求人について話しをしていきたいと思います。

先ずは医療現場の職種と言えばという事で、医師の求人についてです。
医師は医療現場にて中心的存在であり、もちろん欠かせない職種です。
先ず医師になるのには、高校卒業後、医科大学や大学の医学部で6年間学んだ後、医師国家試験に合格する必要があります。
無事試験に合格しますと医師免許が与えられますがその後2年間、臨床研修として内科や外科などの基本的研修科目や小児科や産婦人科などの必修科目の研修を行う必要があります。
こうして晴れて本格的に医師と呼ばれるようになるわけです。

就職・転職先としては大学の付属病院やその関連病院などが一番多くなっています。
続いて、公的な病院である国立病院、公立病院などです。
これら大学病院や公的な病院では最新の設備や研究などを行う事ができたりとスキルアップを図る事ができますが、多くの患者を抱えているため患者との距離ができてしまいがちです。
それから私立病院、民間企業によって運営されている病院などもあります。
さらには入院施設などがない小規模の医療機関である医院やクリニックなどです。
こうしたクリニックでは最新の医療や設備とは少し遠くなるかもしれませんが、患者との距離が近くコミュニケーションを図る事がよりできます。
他には人間ドッグや健診・検診医、企業や工場などで働く産業医、そしてドラマなどにもなった離島やへき地などでの勤務などもあります。
そしてこの高齢者社会で注目となっている老人保健施設、特別養護老人ホームなどの老人施設などもあります。

もちろん内科や外科、小児科、眼科などといった専門によってもそれぞれ就職、転職先などは異なりますが、それでも医師不足が叫ばれている現状では求人先は数多く存在しています。
また医師不足の中でも特に問題となっている、小児科医、産婦人科医、そして救急の現場における救急医などは常に足りない状態となっているのです。

話題の職種関連の情報サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017医者と看護師だけじゃない〜医療の現場で働く職種〜.All rights reserved.