医薬品メーカーのMR

ここまでは医療の現場でつまり病院などで働く職種についていろいろと話しをしてきましたが、ここで今までとは少し異なった職種であるMRという仕事について話しをしていきましょう。
MRとはメディカル・リプレゼンタティブ(Medical Representative)の頭文字をとってそう呼ばれています。
医薬品メーカーの医薬情報担当者の事を指しますが、単なるセールスではなくドクターの大事なパートナーとなっています。

医薬品の中でも医療現場で使われる医療用医薬品は私たちが普段使用している一般の医薬品に比べると効き目が強い反面、副作用なども起こりえる可能性が強いのです。
ですからドクターがそれらの医療用医薬品を安全に、そして効果的に使って治療に役立てられるようにさまざまな情報をドクターなどに提供します。
またそれらの情報提供によってドクターと信頼関係を築き上げていくので、ドクターのパートナーと呼ばれるのです。

MRにはこうしたドクターのパートナーとなるべく医薬品などの専門的な知識が必要となっていますので、業界の認定資格があります。
財団法人医薬情報担当者教育センターが実施しているMR認定試験に合格、300時間以上の基礎教育と150時間の実務教育を受け、MRとして6ヶ月の実務を経験するとMR認定証が発行されます。
もちろん資格がないと仕事ができないというわけではありませんが、MRとして働くほぼ全ての人がこの認定証を持つようです。
仕事内容としては基本的には自社医薬品のセールスですが、病院担当や開業医担当、それに扱う医薬品などによっても仕事の内容が多少異なります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017医者と看護師だけじゃない〜医療の現場で働く職種〜.All rights reserved.