CRAとCRCについて

先ほどは医薬品を扱う職種であるMRについて話しをしましたが、医薬品というのは製品となる前にその製薬メーカーが開発した医薬品を厚生労働省に承認、認可してもらうために、承認前の薬剤を患者さんや健康な人に投与してその安全性や有効性を確かめる治療を兼ねた試験、すなわち治験を行う必要があります。
また治験が新薬について行われるのに対して、新薬に限らず、既存の薬の追跡調査や別の効能の調査などのための治療を兼ねた試験全般についてを臨床試験と言います。

これらの試験に関連した職種としてCRAがあります。
CRAとはClinical Research Associateの略称で、臨床開発モニターやただのモニターとも呼ばれます。
各医療機関がこうした治験などを予定通りに進行しているかどうかチェックしたり、監視、確認などが仕事です。
特に国家試験や認定制度などもありませんが、薬剤師や看護しなどの医学的知識や経験が必要となります。

続いてCRCはClinical Research Coordinatorの略称で、臨床治験コーディネーターや、コーディネーターと呼ばれます。
こちらは治験担当のドクターやその被験者、そしてCRAの橋渡し役として、治験がスムーズに行われるようにするのが仕事となっています。
CRCは日本臨床薬理学会が行っている認定資格がありますが、もちろん認定資格がなくても働く事ができます。
しかし今後はやはり実務経験とともに認定資格も転職などの際には重要となってくると思われます。

ここに挙げた職種というのは本当に一部にすぎず、本当にたくさんの職種の人々が今日も実際の医療の現場で働いているのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017医者と看護師だけじゃない〜医療の現場で働く職種〜.All rights reserved.