医療現場における看護師の仕事

看護師というのは医師がいる所には必ず必要不可欠である職種です。
そんな看護師の職場として、真っ先に挙げられるのは大学の付属病院や公立・私立病院などでしょう。
入院施設がある病院の場合、そうした入院病棟での仕事は入院している患者さんのケア全般となります。
交替で24時間患者さんのケアをします。
バイタルを測定したり、注射や採血、点滴などを行ったり、それから症状をチェックして、その経過などを医師に報告したり、場合によっては適切な処置をしたりもします。
外来の仕事の場合は医師の診察の手伝いや通院患者を適切な科に案内したりします。
もちろん専門看護師や認定看護師ですとより専門的に患者さんのケアに携わったりします。

続いては少し規模の小さな診療所、開業医、クリニックなどです。
病院との大きな違いは勤務時間ではないでしょうか。
病院は24時間を交替制で勤務しますが、こちらは診療時間などが決まっていますので残業などもありませんし、時間的にも決まった勤務時間となっています。
他には検診車や献血ルーム(献血車)などでの仕事もあります。

それから最近増えている職場としては介護福祉施設などが挙げられます。
障害者福祉施設や老人福祉施設、介護保険施設など、特に高齢化社会を迎えてお年寄りの身の回りの世話をするそんな仕事が増えているのです。
高齢化を受けて需要の増えている仕事としては訪問看護師も挙げられます。
患者の家を訪問して医師の診察の手伝いや、もちろん単独で訪問する場合もありますのでより高度な知識や判断などの能力を必要とされます。
更に保健師の資格などを持った看護師の場合は保健所にて各種指導やケアなどといった仕事もあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017医者と看護師だけじゃない〜医療の現場で働く職種〜.All rights reserved.