ケアマネジャーと栄養士

医療の現場における介護や福祉の職種、続いてはケアマネジャーです。
ケアマネジャーは正式名称は介護支援専門員と言い、介護が必要な方からの相談に応じてその方の心身の状況に応じた介護サービスについてケアプランの計画を立案しコーディネイト、調整、さらに改善などを図る仕事です。

ケアマネジャーの資格としては介護支援専門員研修受験試験に合格の後、実務研修を修了、そしてケアマネジャーとして登録する事ができます。
登録後核都道府県知事から支援専門員証をもらいこの有効期限は5年間となります。
この介護支援専門員実務研修受講資格としては医療や福祉の現場での5年〜10年の実務経験が必要となるのです。
つまり医師や看護師それから介護福祉士などとして5年以上経験するか、介護施設などで10年以上働くかした後でようやく受験資格を得る事ができるというものです。

職場としては福祉事務所などの公的機関や各種老人介護施設などの民間の福祉機関、それから病院などでも必要とされています。
介護保険などのシステムはとても複雑でそれらを理解してケアプランの作成から実行まで行うケアマネジャーの仕事はこれからますます重要となってくる事でしょう。

続いての医療現場における介護や福祉の職種は、栄養士、栄養管理士です。
栄養士と言えば、とても身近に感じるのは学校給食の現場かもしれませんが、病院や各種福祉施設でも患者さんや入居者の大事な食生活を担っているのです。
栄養士は養成学校を卒業すると自動的に資格を取得する事ができます。
また栄養管理士は国家試験に合格する必要があり、より責任のある仕事を任される事となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017医者と看護師だけじゃない〜医療の現場で働く職種〜.All rights reserved.