カウンセラーと資格

心理的側面から患者さんたちをサポートしたりする医療の現場での福祉や介護の職種として、続いてはカウンセラーについて話しをしましょう。
欧米などでは既に学校などにも必ずいて子供たちなどの心のケアなどをするカウンセラーという職種はとても当たり前の存在となっていますが、それに比べると日本ではまだまだこれからといった感も否めません。
しかし医療の現場では特にこうしたカウンセラーが活躍の場を広げる事で患者さん方のさまざまな問題が好転する可能性を秘めています。

カウンセラーというのは実はあいまいな表現でもあり、カウンセラーという資格はありません。
心理相談員や精神保健福祉士などといったそれぞれカウンセリングに関する資格はたくさんありますが、中でも臨床心理士は最も専門性が高く、特に病院などの医療現場でカウンセラーとして働く際には必要な資格とも言われています。
臨床心理士になるには財団法人日本臨床心理士資格認定協会が指定している大学院で所定の課程を修了した後、臨床心理士資格試験に合格、そして免許がもらえるわけです。
この免許も医師や看護師などの国家資格のように一生ではなく、5年毎に更新する必要があります。

臨床心理士の職場としてはやはり病院特に大規模な総合病院で精神科や心療内科などといった場所で精神科医のサポート的立場として心理テストや心理療法を行います。
他にも小児科やリハビリセンターなどでも働いています。
福祉の現場では各種福祉施設などでカウンセリングを行ったりして心理面でさまざまな人々のサポートを行っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017医者と看護師だけじゃない〜医療の現場で働く職種〜.All rights reserved.